病原体

性病とは、性行為によって感染する病気の総称です。英語ではSTD、またはSTIと呼ばれます。STDはSexuallyTransmittedDiseasesの略称、STIはSexuallyTransmittedInfectionsの略称です。もともとはSTDの名称しかありませんでしたが、近年はSTIの名称を使うことも増えています。

性病と呼ばれるものは性行為により移る可能性を持つものであるため、感染源となる原因の1つには病原体を含む精液や膣分泌液が必ずあります。これらが性器や口といった粘膜、あるいは皮膚に接触することで感染します。また、多くの性病は血液感染でも移ります。性的接触がなくても、病原体を含む血液が粘膜や皮膚に触れることで感染することがあります。

性行為の仕方は様々ですが、膣性交・口腔性交・肛門性交が基本的な移る経路となります。性病の感染経路は、血液感染を除き性行為以外で生じることはありません。そのため、握手・同じ物を触る・同じ風呂に入る・回し飲み・トイレの飛沫・同じ便座を使うなどは経路になりません。また、血液感染があると言っても同じ蚊に刺されることによる感染もないです。

性病は初期症状が薄かったり、自覚症状がないといったことも多くあります。そのため、移ったことに気付かないまま進行しているケースがとても多いです。また、気付かないままでいると知らぬ間に他の人へ移すリスクも高くなります。性病は世界中に広まってしまった理由には、症状が出にくい要素も大いに関係しています。
また、進行により不妊症に繋がる場合もあります。性病の種類は病原体の種類により異なり、それぞれ症状も違います。皮膚症状が出るものは性別関係なく現れ、見たからに分かる変容・痒い・赤いなどが出るため分かりやすいです。

女性の場合はおりものの臭いや量に変化が見られたり、膣性交が痛いと感じられるようになるなどがあります。男性も分泌物が臭い・性器が痛い・痒いといった変化が見られることもありますが、女性よりも無症状であることが多いとされます。
あらゆる種類がある性病ですが、いずれにしてもコンドームで性病を予防の意識が必要です。中にはコンドームでは対策が図れない種類もあるため、予防のためにはステディーセックス(SteadySex)やセーファーセックス(SaferSex)も欠かせないものとなります。

ステディーセックスとは、セックスパートナーを限定することです。性行為の相手が増えると感染経路が特定しづらいため、恋人や配偶者といった1人の相手に限定した方が性病予防と早期発見に繋がります。ただし、これは互いに検査を受けて感染していないことが前提です。

セーファーセックスとは、安全なセックスをすることです。安全というのは、コンドームを着用するなどして感染経路を作らないようにすることを指します。精液が膣内粘膜に触れることもそうですが、女性側が感染者の場合は膣内粘膜が男性器に接触することでも移ります。どちらのためにも、セーファーセックスの意識と実行は大事です。
挿入時はもちろんのこと、口腔性交(オーラルセックス)の際もコンドームなどを使用した保護が必要になります。性病の感染経路となるのは粘膜であり、口腔内はほぼ全面粘膜なので病原体を持つ性器に触れると移ります。

近年は初性行為の低年齢化が起きているため、高校生の間でも患者数が増加していると問題視されています。また、高齢者の健康寿命も性機能への意欲も伸びているために年齢を重ねた世代の中でも性病の菌やウイルスが広がっていると言われています。年齢問わず予防意識は必要であり、正しく実行することも欠かせません。