• ホーム
  • ヘルペスは再発しやすいって本当?

ヘルペスは再発しやすいって本当?

ヘルペスは、ヘルペスウイルスを病原体とします。性器・口・肛門などから感染する性病の1つに挙がりますが、必ずしも性的接触だけが感染経路ではありません。血液・母子・単純接触による感染もありますが、そのほとんどは性的感染であるため性病の類に含まれています。

感染力が高いため、分泌液の他ウイルスが多量に付着している場所を粘膜や傷のある皮膚で触るだけでも感染します。潜伏期間は2日から10日ほどで、外陰部や口唇周辺に小水疱や浅い潰瘍性の病変が見られます。そういった初期の頃は、発熱などの全身症状も伴う場合が多いです。

主な症状は、性器の痒み・不快感と後に出る水泡・びらんです。何も対処せずに放置しても2週間から4週間ほどで症状は引きますが、通常は痛みや違和感を感じるため放置できない方が多いとされます。また、自然治癒だと再発率が高くなります。

この性病を引き起こすウイルスは、どのような薬剤で治療を行ってもリンパ節に潜伏し続けます。薬剤や時間の経過によりウイルス量が減少すると表面的な症状はなくなりますが、少しでも免疫力が下がるとウイルスが増殖を始めて再び症状が現れます。性器でも口唇でも、こういった再発を繰り返すものなので、完治後も予防のための対策が必要になります。

再発の誘因になることはいろいろですが、性器ヘルペスの場合は性行為や月経の刺激により再発することもあります。口唇ヘルペスでも口腔性交を行えば、性行為が再発誘因になり得ます。一度完治した後に再び現れた発疹は、外陰部や口唇だけでなく殿部や大腿にも生じることがあります。

ヘルペスかどうかを確かめる検査は、病変部分からウイルス分離、または抗原検出や核酸検査で行われます。治療には、アシクロビルやバラシクロビルなどの抗ヘルペスウイルスを使用します。免疫力が治癒や予防に関係するため、食生活などに関する生活指導が行われることもあります。

成人では、80%から90%に不顕性(病気の過程は始まっているが症状が出ていない)感染があると言われています。つまり、症状は出ていないけどヘルペスウイルスに感染している成人は80%から90%いるということです。かなり蔓延率が高い、一般的な感染症とも言えます。

予備知識ですが、ヘルペス(這うを意味するギリシャ語Herpes)はもともと小さい水疱が集結した急性炎症性皮膚疾患のことを指す言葉でした。当初は真菌症などの這うように拡大する皮膚病全般を表していましたが、19世紀から妊娠性疱疹・疱疹状膿痂疹・疱疹状皮膚炎・単純疱疹・帯状疱疹系の疾患に限定すると呼び名となりました。

そして現代では急性炎症性皮膚疾患・真菌症・疱疹系ではなく、帯状疱疹や単純疱疹を指す言葉として定着しています。この2つはどちらもヘルペスウイルスが病原体ですが、細分した際の種類は異なります。どちらにしても感染力は高く再発するものなので、予防と改善の対策は要します。