• ホーム
  • クラミジアは日本で一番感染しやすい性病?

クラミジアは日本で一番感染しやすい性病?

黄色のカプセルのケースと葉

性病としての正式名称は性器クラミジア感染症と言います。原因となる病原体は、クラミジアトラコマティスと呼ばれる微生物です。この種の微生物は肺炎を引き起こすこともありますが、この場合は必ずしも病原体がトラコマティスとは限りません。

感染経路は、主に性的接触です。性器の他に口や喉・肛門や直腸・尿にも移るだけの病原体が含まれているため、それらを使用した性行為も感染経路になり得ます。ただし、コンドームを正しく使用すれば予防可能です。
基本的な症状は喉の腫れと痛みですが、性器に関する症状は男性の方がひどく出ます。排尿時痛・尿道の痒み・尿道から白っぽい膿が出る・睾丸の腫れと痛み・不快感などが現れ、明らかな異常を感じやすいと言われています。女性の場合は、下腹部痛や性交痛が現れます。

潜伏期間は1週間から3週間ほどなので、性行為からそのくらいの期間を経た頃に上記のような症状が現れた時には疑いがあります。また、その性行為が感染経路となった可能性も浮上します。
検査では、核酸検査または抗原検出を行います。抗原検出の対象になるのは、性器か尿道の分泌液や尿または口腔です。性病はいずれも早期発見と早期治療がより効果的な結果をもたらすため、異常を感じたら早めに医療機関で検査を行ってください。

性器クラミジア感染症は、放置すると不妊・流産・死産に繋がることがあります。日本の性病感染者数に関するランクでは、男性2位・女性1位に性器クラミジアの名が見られます。男女比で見る感染者数では女性に多い傾向ですが、全体的に見ると日本にかなり多い性病であることが分かります。

治療では、クラリスロマイシン・レボフロキサシン・アジスロマイシン・ジスロマックなどが用いられます。これら治療薬はクラミジア専門ということではなく、通常は他の症状にも使うものばかりです。

まず、クラリスロマイシンはマクロライド系抗生物質に分類されます。基本的には咽頭炎・扁桃炎・肺炎・日結核性抗酸菌や皮膚感染症・ヘリコパクターピロリ菌除去・レジオネラの感染症に用いられますが、クラミジア属にも有効に作用します。
レボフロキサシンは、ニューキノロン系合成抗菌薬です。先発薬名はクラビットと言い、性器または肺炎を引き起こすクラミジア属に対応します。クラビットのジェネリックとして登場したレボクインは、腫れを起こす感染症の治療に用いられます。レボクインはクラビットより新しい製品であるため、耐性のない菌が多いとして有効な働きが期待されます。

アジスロマイシンは、クラリスロマイシンと同様にマクロライド系抗生物質です。菌のたんぱく質合成を阻害し、主に皮膚感染症・呼吸器感染症・尿道炎・子宮頸管炎・骨盤内炎症性疾患などの治療に使います。また、クラミジア属にも対応します。尿道に起きる炎症の鎮静作用もあるため、どちらかと言えば症状の一環で尿道から膿が出た男性向けの治療薬です。
アジスロマンを主成分とする薬剤は、一般的にはリンパ・呼吸器系・尿道・子宮頚菅・骨盤内・歯周組織などの炎症を治療するために用いられます。ジスロマックという製品もありますが、ジスロマックが対応するクラミジア菌は肺炎に関するものです。尿道炎に効く点では、男性の性器症状に有用と言えます。